陶器作りは粘土をこねる事とひび割れとの戦いです その1

陶器は、粘土をこねて、形を作り、それを乾燥させます。次に800度程度の温度で素焼きを行い、その後釉などをつけて本焼きを行い完成となるのです。粘土をこねるのはとても力を使いますし体力を使う作業です。また、初心者にはかなり辛い工程でもあるのですが、力をこめて粘土をこねてあげないと良い作品が作れないといわれる程重要な工程でもあるのです。最近は電動ろくろを使い、こねる方法があると言いますが、これは初心者には難しいとされる方法です。何度と無く経験を積むことで少しずつ出来るようになるのですが、たまにしか陶器を作らない場合は、難しいものです。陶器は、陶芸を教えてくれる教室などで大変する事が可能です。陶芸を教えてくれる教室には、小さめの窯がありますので、そこで焼きあがる事が可能になります。自分で作った作品は持ち帰って料理を盛り付けてあげたり、飾り物として利用出来るのです。

SPEED[大坂 風俗]